INBOUSARASHI

INBOUSARASHI

https://inbou.sarashi.com/

ガン利権

「Dr.細川の川柳」より

浴びるから発癌し、かじるから散らばり拡がり、切る焼く盛るから殺される!!

  • 浴びる=医療被曝(マンモグラフィー、PET検査、CT、MRI、X線)、社会毒
  • かじる=生検(バイオプシー)、PET検査
  • 切る=手術(切除)
  • 焼く=放射線
  • 盛る=抗がん剤、(抗がん剤入り)ホルモン剤

削除された「リチャード・コシミズ - Wikipedia」より

健康・医療について

  • 現在の医療には不必要で無駄な医療が横行しており、金儲けのため不必要な医療をでっちあげて患者に提供することもある。そのため、病気になって盲目的に病院に行って医者のいいなりになっていると殺されてしまうこともある点に気付くべきである。
  • 国内の医療費は毎年うなぎのぼりに上がり、35兆円を超えており、大きな市場マーケットになっている。そのため最も優秀な理科系の日本の学生は医者(医学部)を目指しているが、産業立国・技術立国の日本としては、発明によって多くの人に貢献できる製造業を目指してほしい。
  • 医療費の膨張を防ぐためには、病気にならないようにすることが重要であり、それによって医療分野のマーケットが縮小し、優秀な学生は製造業に向かうであろう。
  • 人間の体温と病気とは密接につながっており、低体温が癌、脳血管障害、心筋梗塞、精神疾患等と関係している。
  • 現代の日本人の体温は35度台が大半である。このように低体温になった理由として、運動不足、過度の減塩、過度の冷飲料、クーラー、薄着、生野菜の取り過ぎ、過食、ストレス、薬の乱用、睡眠不足、カラスの行水(入浴時間が短い)、朝食抜き、過度のダイエット等が挙げられる。
  • 低体温(35.5度以下)になると、白血球機能の低下(免疫力の低下)、排泄機能の低下、自律神経失調症、アレルギー・感染症・癌の発症が生じる。また、血行が悪くなるので、脳卒中や心筋梗塞になりやすくなる。
  • 癌によって死亡する人は他の疾患に比べ増えているが、実際には決められた医療に嵌めこまれ、手術、放射線治療、抗がん剤投与によって外科医(医者・病院)と製薬会社が儲けている一方で、患者は苦しんだあげく死んでいる。
  • さらに、癌を心配する人が増えるため、癌(ガン)保険会社にとっては「おいしい」マーケットになっている。国内最大の癌(ガン)保険は、アフラックでアメリカンファミリー生命保険会社が販売している。
  • 日本の癌死亡率は他国に比較してきわめて高い。その原因は薬(抗がん剤)である。抗がん剤の使用量は日本が一番多く、癌死亡率と相関している。抗がん剤は癌細胞を殺すだけでなく正常な細胞も殺すので、全身の免疫力を低下させ衰弱して死亡する。つまり「癌で死んでいるのではなく、抗がん剤で死んでいる」のである。
  • 癌は血流の悪化による血液の汚れを防ぐための結果としてできた排水(ゴミ)を溜めるタンクのようなものであり、手術で切除しても血液が汚れている限りまたできるものである。
  • 癌細胞は35度で増殖し、39.3度で死滅する。インフルエンザ等の感染症で高熱になった癌患者が治った例や末期癌患者が温泉三昧で治った例がある。「体を温めると病気は必ず治る」石原結實(著)参照。
  • 風邪をひくと熱がでるのは、体温を上げて免疫力を上げるという人間の防御反応であるので、解熱剤をとるのはよくない。
  • 高血圧の原因が塩だと思い込んでいるため、多くの人は減塩しているが、体温を維持するためには塩は必要である。市販の塩ではなく「ミネラル塩」をとるのが好ましい。
  • 体温を上げるため、季節の旬な食物を食べる、体温を下げる冷凍食品・缶詰・レトルト食品を食べない、水分を補給しながら半身浴をする、ラドン温泉で低放射線に被曝すること等を推奨している。